酒の宿

男の酒は ため息を
グラスの外へ 捨てて呑む
二重瞼の 二重瞼の面影が

運命(さだめ)の川に 流された
落葉のような よわい娘(こ)よ
俺を許せと 俺を許せとひとり言

土砂ぶり雨に 夜(よ)が更けて
ほせども酔えぬ 酒の宿
俺とあいつの 俺とあいつの身の上を…

俺とあいつの 俺とあいつの身の上を…