Another Sun

そして繰り返すときめきは 停まるたび大きくなると
それをただ捨てるのさ 日が沈む その前に

何気ない 素振りだけ 当てつけて消えてゆく
忘れないよ その瞳は どことなく寂しげ
帰らない このままで 許されることなのね
いたずらに 微笑んだ あの日から帰れない

振り向いて いたけれど そんな気もないのに
黄昏てく 街の灯 目を伏せて見つめて
はにかんで 握りしめ あの日から走り出す
戻れない 戻らない 訳もない帰れない

そして繰り返すときめきは 停まるたび大きくなると
それをただ捨てるのさ 日が沈む その前に

静かに沈む太陽は
何もないような顔して消えてゆく。
さも当たり前のように 同じことを くりかえす。
同じだと思うのは さて 誰なのか。
あなたが見ている太陽は 沈んでしまうのか。