Baby Sugar

朝日てらす窓 眼を瞑ると眠りについた
夜ふかしのクセが 抜けないまま 大人になった

まだ いまだ 子供のままで
イヤイヤイヤ 大人は
今も いつも わがままばかり 言わせてほしいの

部屋の隅っこで 泣いてた子供の頃のまま
今はあなたの 肩で涙を流したいの
あなたは私のもの それ以上は 求めないわ

いけないことばかり したくなるの イタズラ好きで
昔よくママに 怒られてた あの頃のまま

まだ 今は 子供のままで
いたい いたいの ダメかな?
優しい声を 耳元でそっと 聞かせてほしいの

言えない 「今すぐそばに来て」とか照れくさくて
スネた私の 声に気づいてすぐに来てよ
夢の中でもあなたが来るまで スネてるから

そばにいてよね いつもそばに
離さないでね 夢の中でも

私がいつも 寂しくないようにあなたは
眼を閉じてても 優しく語りかけてくれる
あなたが私のわがままをきっと 育ててるの

部屋の隅っこで 泣いてた子供の頃のまま
今はあなたの 肩で涙を流したいの
あなたは私のもの それ以上は 求めないわ

still まだ…
still まだ…