プラグ

散らかすだけ散らかした 住家をじっと眺めて
目障りな物だけ選び抜いて 部屋を出る
カサ・ハンカチ・ポケットティッシュ・ライトグレーのスニーカー…
テーブルの上のパズルは今日も 埋まらない

永久に続くような日々に絡む耳鳴り 言葉の羅列
口ずさめばグラリと揺らいだリアルは その身を静かに蝕む

隠すだけ隠してみた 姿をじっと見つめて
とっておきの偽物を身に付けて 街を出る
愛想笑い・星の砂・フェイクレザー・ボロボロメッキネックレス…
だらしなく伸びる前髪はまだ 切られない

叩き付けるように空は蒼を降らして 影を焼き付ける
歩き出せばフラリと彷徨う意識は 本当は誰の物なの?

なぐさめる度重ねた未来はもろく 容易く壊れた
乾きだした瞳は涙を求め また傷付け合うの?
揺らいだリアル・彷徨う誰かの意識・壊れた未来
いつの間にかポトリと外れるプラグは 振り向く鏡にも映らない