哀愁列車

ほれて ほれて
ほれていながら 行く俺に
旅をせかせる ベルの音
つらいホームに 来は来たが
未練心に つまづいて
落とす涙の 哀愁列車

燃えて 燃えて
燃えて過ごした 湯の宿に
うしろ髪ひく 灯(ひ)がひとつ
こよい逢瀬(おうせ)を 待ち侘びる
君のしあわせ 祈りつつ
旅にのがれる 哀愁列車

泣いて 泣いて
泣いているのを 知らぬげに
窓はふたりを 遠くする
こらえきれずに 見返れば
すがるせつない 瞳(め)のような
星が飛ぶ飛ぶ 哀愁列車