大切なもの

ああ 陽が昇る何かに 急かされる様に
ああ 動き出す世界に 追い越されそうだ
ああ 眩しい季節に 心が躍るよ
湧き上がる気持ちに 火を点けて欲しいんだ

言葉にすれば嘘に変わるなんて
君の涙が教えてくれたんだ

大切なものは全て
壊れそうなほどにはかなくて
だからちょっとぐらいの傷は覚悟
ためらう前に全力疾走

抱きしめたいよこの手で
君と感じる世界の全て
その手を繋いで

ああ 過ぎ去る時間に振り回されて
ああ 不甲斐ない自分に嫌気がさすけど
ああ 積み上げたものさえ壊せる強さを
あの時 君の目に僕は見つけたんだ

今からもきっとはじめられること
今更だなんて笑わずにいてよ

等身大の姿で
過ちの日々を塗り替えてく
だからちょっとくらいの失敗だって
必要なんだ躊躇しないぜ

最大限に広げた
明日への希望振りかざして
君の手を導くよ

先は長い共に行こう
一人では行けない場所
陽が昇ればすぐに行こう
夜空に朝が迫るよ

今日が向かう次の場所
誰にも分からないけど
感じたものが全てさ

どんなときも いつの日にも

大切なものは全て
壊れそうなほどにはかなくて
だからちょっとぐらいの傷は覚悟
ためらう前に全力疾走

抱きしめたいよこの手で
君と感じる世界の全て
その手を繋いで