蜃気楼のように

忘れかけていた 古い映画の
ラストシーンのような 甘い気だるさ
あなたを愛した 短い日々は
雨の日に咲いた バラの悲しみ
振り返って見れば 優しい愛の日
少女の夢をまだ 抱きしめていた
今はもうずいぶん 遠くまできた
昨日の恋など しんきろうみたいだ
くよくよしないで やってくわ
明日になったら 忘れてしまう

忘れてゆくでしょう あなたと私
指のぬくもりや 涙の熱さ
愛を二人で 引き止めたけど
過ぎ去るものには もう無駄な呼びかけ
過ぎ去るものには もう無駄な呼びかけ