シンデレラシンドローム

甘い甘い時の中で
確かな事は何もなくて
明日を告げる鐘の音に怯えて

心に積もる灰の中で
駆け下りる階段の途中
ガラスの靴は支えてくれないの

冷え切ったこの声が
綺麗な言葉でつむぐ嘘を
鏡の中で見ていたの
偽物ドレスで踊り続けるのを

12時を指した時計が
君の魔法を解いてゆくの 痛いよ
淡い色で塗りつぶした
景色が滲んでく 乾いて消えてく

甘い甘い時の中で
不確かな声にしがみつく
約束のない明日に怯えてる

心に積もる灰の中で
あまりにも脆く砕けてく
ガラスの靴の欠片が突き刺さる

破れてくこの心を
継ぎ足して 解れて 歪んでく
鏡の中でみていたよ
“幸せ”の意味を忘れてゆくのを

12時を指した時計が
君の魔法を解いてゆくの 痛いよ

淡い色から順番に 消えてくの?
キラキラひかるあの日々も

12時を指した時計が
君の魔法を解いてゆくの 痛いよ
さよなら きっと見てたのは
幸せなマボロシ

12時を指した時計が
君の魔法を解いてゆくの 痛いよ
淡い色で塗りつぶした
景色が滲んでく 乾いて消えてゆく