希望の歌

当たり前の毎日って いったいどんなだったろう
あたたかなベッドで明かりをつけて テレビを見て笑う

世界は今日もたくさんの涙受け止め
助け合い僕ら 希望の歌よ 明日へと響け

こぼれた涙の数だけ 僕らは今日を精一杯生きて行こう
いつの日か また君と笑顔で逢えるまで
言葉にならない想いが 優しさとなって溢れた
繋がっているってことさ だから僕らはまた歩き出す

泣いたり笑ったり すごく大きな夢を描いたり
たくさんの愛に守られてたって 気づかず過ごしてた

世界の果て 心の奥深いところで
支え合い僕ら 負けないように心が震えてる

見上げた夜空の星屑 初めて見るような輝き
真っ暗な闇の中で 揺れている確かな光
永遠となった人生(いま)は いつまでもずっと一緒さ
だからもう怖くはないよ ゆっくりと僕らは歩き出す

こぼれた涙の数だけ 僕らは今日を精一杯生きて行こう
いつの日か また君と笑顔で逢えるまで
言葉にならない想いが 優しさとなって溢れた
繋がっているってことさ だからまた僕らは
ゆっくりと僕らは
だからそう僕らは

歩き出す

歩き出そう