あのバスに乗って

あのバスに乗って君は街へ出かける
あのバス降りて君はお家へ帰る

あのバスに乗って君は何かに気づく
少ないバッテリー そして消息途絶える

あのバスに乗って君はメールをくれる
慣れない嘘をつくと絵文字が増える

あのバスに乗って君はマスクをつける
昼間はクールなビジネスマン
夜はピウィー・ハーマン

キャンディーほどの私に手を振る無邪気さが
とても大好きだけれど いつの日か
振り向きもせずに駆けて行く
そんな日もきっと来るのかな
少し不安になるから
さあ 笑ってニコニコお見送り

あのバスに乗って君は幸せ運ぶ
胸のポケットに夢をしまって走る

黄昏れ時の公園
登ったジャングルジム
『これでよかったのかな』なんて
遠い目でふかしては消えるタバコの煙り
私まで悲しくなるけど
涙はこぼすと流れるから
早く帰ろう
今夜はエビフライ

あのバスに乗って明日は買物へ行こう
サッカーボールとチョコミント 空色のシャツ

あのバスに乗って君は幸せ運ぶ
胸のポケットに夢をしまって走る

ささやかな日々に今日も手を振りながら