君がいる

雨上がりの空の匂いすっと深呼吸して
懐かしいあの景色が胸に膨らんだ

覚えている? 照れながらも君がくれた言葉
「手をつなごう」その優しさがそう
つまづいた泥だらけの僕に
起き上がる勇気をくれたね

ほら真っすぐ見上げたあのユメから
もう絶対にうつむいたりしない
どこまでも どこまでも 続く飛行機雲
いまスターティングラインに立った僕は
ただ明日へと走り出せるよ
一人じゃないよ 一人じゃない
ココロに笑い合う君がいる

もしも未来を映し出せるそんな望遠鏡を
ポケットの中に見つけたなら恐れず覗いてみたい
この道の先で輝く世界を

ねぇ待ってて光るゴールゲイトで
そう絶対にたどり着いてみせる
何度でも 何度でも 地図を描いて
いまスターティングラインに立った君と
この空で繋がってるから
あきらめないよ あきらめない
いつでも大切な人がいる

どんなに遠くたって
遅くたって前を向いて
あの大きな風のようにほら駆けよう
自分らしいスピードで

ほら真っすぐ見上げたあのユメから
もう絶対にうつむいたりしない
どこまでも どこまでも 続く飛行機雲
いまスターティングラインに立った僕は
ただ明日へと走り出せるよ
一人じゃないよ 一人じゃない
ココロに笑い合う君がいる