さらば恋人

さよならと書いた手紙
テーブルの上に置いたよ
あなたの眠る顔みて
黙って外へ飛びだした

いつも 幸せすぎたのに
気づかない 二人だった
冷たい風にふかれて
夜明けの町を 一人行く
悪いのは 僕のほうさ 君じゃない

ゆれてる汽車の窓から
小さく家が見えたとき
思わず胸にさけんだ
必ず帰って来るよと

いつも 幸せすぎたのに
気づかない 二人だった
ふるさとへ帰る地図は
涙の海に 捨てて行こう
悪いのは 僕のほうさ 君じゃない

いつも 幸せすぎたのに
気づかない 二人だった
ふるさとへ帰る地図は
涙の海に 捨てて行こう
悪いのは 僕のほうさ 君じゃない