心もよう

さみしさのつれづれに
手紙をしたためています あなたに
黒いインクがきれいでしょう
青い便箋が悲しいでしょう

あなたの笑い顔を 不思議な事に
今日は覚えていました
19歳(じゅうく)になったお祝いに
作った唄も忘れたのに

さみしさだけを手紙につめて
ふるさとに住むあなたに送る
あなたにとって見飽きた文字が
季節の中で埋もれてしまう

遠くで暮らす事が
二人によくないのは わかっていました
くもりガラスの外は雨
私の気持は書けません

さみしさだけを手紙につめて
ふるさとに住むあなたに送る
あなたにとって見飽きた文字が
季節の中で埋もれてしまう

あざやか色の春はかげろう
まぶしい夏の光は強く
秋風の後 雪が追いかけ
季節はめぐり あなたを変える