花と小父さん

小さい花に くちづけをしたら
小さい声で 僕に言ったよ
小父さん あなたはやさしい人ね
私を摘んで お家につれてって

私はあなたの お部屋の中で
一生懸命咲いて 慰めてあげるわ

どうせ短い 私の命(いのち)
小父さん 見てて終るまで

可愛い花を 僕は摘んで
部屋の机に 飾っておいた
毎日 僕は急いで家に
帰って花と お話をした

小さいままで 可愛いままで
或る朝 花は散っていったよ

約束通り 僕は見ていた
花の生命の 終るまで

約束通り 僕は見ていた
花の生命の 終るまで