ぞう3

雨がしきりに 降りしきる街
流す涙も 枯れてるLady
重なる雨音 枕で聴いて
明日は晴れろと願うBoy
誰だっていつだって こんなもんじゃない こんなもんじゃない

ここで生きたきゃ ガマンが大事
はみだすことなど 許さない
そこに進めと 奴等は言うけど
そこが全てと思えない
いつだれが僕らの自由 奪ったんだろう 奪ったんだろう

忙しいふりだけしてる Ah僕は
八畳一間で ただ電話をみつめる
何と戦い 何に勝って
何を明日と 思えばいいの
なぜ僕は今ここで 生きてるんだろう 生きてるんだろう

星が見えない 屋上でも
曇った気持ちは 晴れてくる
いとしき彼女の 横顔みとれ
心に少しの 勇気を持つ
誰だってこの命 無駄じゃないから 無駄じゃないはず

夜の波間に 緑が舞う
すてきな海など 東京にはない
夢はつかめない 夢は見れない
あっちの水はAm 空にも星が綺麗さ
あの雲があの空か なつかしいんだ なつかしいんだ

都会に流されるのは これ以上耐えられない
僕はたしかに 強くはない
雨がしきりに 降りしきる街
明日は来ないの Oh my Friend
このままじゃもう何も 何もできないよ 何もできないよ

このままじゃもう 何もできないよ
朝日はまた昇る 朝日はまた昇る
このままじゃもう 何にもできないよ
雨なんてキライだい!