ココニアル

声は消えた 漂う影ひとつ 残して
思い出さえ切り裂く 季節の風

燃えて落ちた灰のような日々
風にのってどこへ飛び立つ

闇の中をずっと生きる
その思いはきっと生きる
季節の風が東西へと吹き荒れて
纏う夢をすべて追い剥ぐ

「さらば君よ」 何度も一人で呟いた
「なぜ?なんで?」なんてもう 遠い昨日の戯言

ここにある 個々にある 心
絆伝いに自由掲げ

立っているんだ ずっとここで
その思いはきっと生きる
季節の風が東西へと吹き荒れて
的を俺に合わせようとも

涙が足りない 結構じゃないか
泣いても足りない 思い出じゃないか

誰もいなくなって
誰よりここにあるのは俺じゃないか

闇の中をずっと生きる
その思いはきっと生きる
致し方ない…
失い見つめ合うものは
己とこの俺の行き先