ヒーロー

友達と喋ってるその子の笑顔はあまりに可憐で
その姿は思い描いた漫画のヒロインのようだ
ひとめ見て恋に落ちた
ホンキのホンキで好きになった
でもね 僕の容姿じゃきっと嫌われてしまう

ほらまただ くすくす笑う声
いいんだ そんなの慣れっこだから
忘れてしまえ だけど胸は張り裂けそうだ

少年はそして出会う
それはきっと偶然なんかじゃなくて
願った キミに出会えますように
何万回だって願おう
いつか必ず!
けれど人はそんな奇跡
信じられるわけないと言った

少女達はささやいた
「あの子さっきからこっち見てる
なんなのあれ気味悪いわ 近づかないでネクラさん」
すみませんそんなつもりじゃ……
うつむく僕に彼女の声 「私この人知ってる!」
周りは唖然 僕も呆然

「見ちゃったんだな あの机の絵をね
全部キミが描いてたりするの?」
ああ!また笑われる
だけどキミは
「ああいうの好きなんです」

少年はそして出会う
たとえ何億何万光年離れていようがさ
絶対惹かれ合うから
そこにどんな障害があっても乗り越えていく
それを運命と呼ぶなら彼はまさにヒーローだ

だけどその日僕は見たんだ
一人目を腫らし泣くキミを
僕はなんて無力なんだろう
いいや 彼女は何て言った?
疑うな自分の存在を
少女は救いを待ってる

「強がりでホントは泣き虫で
えっとこれって まるで私みたい」
やっと笑った!喜ぶ僕の前で
ぽろりぽろりと泣き出す彼女
どうしたらいい!?キミは言ったんだ
「ありがとう」って

少年はキミと出会い生きる意味を知るんだ
嘘じゃない ホントさ
そしてキミを守る騎士になる
いつかきっとね 彼の左手には彼女の右手
ぎゅっと握って離しはしないから

そして僕はキミに出会う