木漏れ日

いつもよりゆっくりと あなたは歩いて
立ち止まっては息を 吸い込んでゆく
同じように瞳閉じて 大きく息をして
流れてゆく今を 感じていた

どうしてもっと 全てにもっと 優しくなれないんだろう
木漏れ日のようなあなたに 包まれていたの

誰もが同じように泣いて 誰もが同じように悩み
どんな自分でも 抱きしめてゆけば 大丈夫と あなたは笑った

あなたといて見つけた 一人で見つけた
色んな思いそれが 私なんだよね

今ならもっと 全てにもっと 優しくなれるだろう
隣にはもうあなたの姿はないけど

いつかは同じように笑い いつかは同じように愛し
あの頃よりずっと強くなれたから 今ここで私も生きてる

側にいつも ここでいつも 光は輝いている
頬を撫でてく風が今 優しさ連れて

誰もが同じように泣いて 誰もが同じように悩み
どんな自分でも 抱きしめてゆけば 大丈夫と あなたは笑った

いつかは同じように愛し
あの頃よりずっと強くなれたから 今ここで私も生きてる

いつもよりゆっくりと歩く 木漏れ日の中で私は