夏蝉

雲の影まで焼け付くような 白い太陽だった
それも午後には見失ったな 愛車 ワイパー 雷難

叩くような雨粒が 窓辺を濡らす傘の上
迷い込んだ蝉の音が 染み入るような夕べ 夕べ

秋が微かに忍び寄るような そんな匂いがした
それが僕には寂しかったな 時間がないな ないな

溶かすような朱の空が 心を急かす夕暮れ
迷い込んだヒグラシが 終わりを告げる夢

夏蝉 夏蝉 夏蝉は鳴いた
夏蝉 夏蝉 夏蝉は鳴いた
夏蝉 夏蝉 夏蝉は鳴いた
夏蝉 夏蝉 何もないな

夏蝉 夏蝉 夏蝉は鳴いた
夏蝉 夏蝉 夏蝉は鳴いた
夏蝉 夏蝉 夏蝉は鳴いた
夏蝉 夏蝉 誰もいないな