夢一匁

閑かな日だまりに並んだ ささやかな鉢植えの様に
老人たちは おだやかに吹いて来る 風を聴いてる

遠い昔のことの方が ずっと確かに憶えている
遠ざかる風景は何故か 初めて自分に優しい

生まれた時に母が 掌に与えてくれた
小さな宇宙だけがいつも 私の支えだった

こうして今すべてを越えて
しぼんだ掌に残ったのは
父の文字で おまえの命と書かれた
夢一匁

生まれ来た生命よ すこやかに羽ばたけ
悲しみの数だけをけして かぞえてはいけない

父と母が伝えた愛に 抱きしめられた子供たちよ
みつめてごらん その手に小さく光る
夢一匁