湯木慧

メジャーセカンドシングル『一匹狼』詳細発表!

 表現することで“生きる”ことに向き合い、“生きる”ための感情を揺さぶる創作者、湯木慧が、6月5日リリースしたメジャーファーストシングルに続き、早くも8月7日にリリースするメジャーセカンドシングル『一匹狼』の詳細を発表。合わせて、新ビジュアルと本人デザインのCDジャケットも公開した。

「今、立ち上がる為の"音楽"持って、僕はただ唄う。」

 “誕生”をテーマに制作したメジャーファーストシングル『誕生~バースデイ~』によって再びこの世に生まれ落ちた湯木慧。今作の表題曲となる「一匹狼」(編曲:Sasanomaly)では、前作で「産声」をあげ、「バースデイ」を迎え、「極彩」の世界を彷徨い始めた彼女が、次第に襲い来る不安や孤独の中で独り立ちしていこうとする様が描かれている。
 
 表題曲に加え、彼女が出会ったアート作品からインスピレーションを受け“嘘”をテーマに制作した「金魚」(編曲:西川ノブユキ)、「33.123806, 131.294222」と題されたイントロダクションを加えた計3トラックが収録される。合わせて『誕生~バースデイ~』の時と同じ場所で撮影されたという新ビジュアルも今回公開されており、前作との繋がりと対比を感じさせるようなビジュアルになっているが、楽曲面からもそれらを伺う事が出来る収録内容となっている。

 初回限定盤には、メジャーデビュー日、そして自身の21歳の誕生日でもあった6月5日に四谷天窓で開催されたリリース記念ライブ 『誕生~始まりの心実~』からメジャーデビュー曲「バースデイ」など5曲のライブパフォーマンス映像を収録したDVDが付属。
 
 この日のライブチケットは即完、まだ自身のみで活動をしていた2015年に初めてライブ出演して以来、彼女にとって思い入れの強い大切な場所での記念すべきライブでもあることから、多くのファンにとっても貴重な映像となるはずだ。また、初回限定盤のみ湯木慧の創作者としてのこだわりと遊びゴゴロを詰め込んだスペシャルパッケージ仕様となる。さらに店舗別特典として、本人が自らデザインした「一匹狼ステッカー」のデザイン計4種もそれぞれ公開されている。

 先月メジャーデビューを果たし、早くも8月7日には今作のリリース、8月18日に大阪のShangri-La、8月24日に東京のキネマ倶楽部にてワンマンライブ『繋がりの心実』開催も控える中、2019年ブレイクが期待されるアーティストの一人として各方面で注目を集め始めている湯木慧の今後に引き続き注目してほしい。

<湯木慧 収録曲についてのコメント>

「一匹狼」
ワンルーム。窓の向こうで聞こえる雑踏、人間の生きてる音。目の前で鳴っているのにどこか遠くに聞こえるようなテレビニュースの音。<そこで感じる“孤独”>

渋谷のスクランブル交差点やクラスの中、集会の時、人が多く集まるところ
<そこでも感じる“孤独”>

2つの孤独を想いながら作りました。

何をどうやっても私は私しか生きれないし
あなたはあなたしか生きれない
僕は僕のままで君は君のままでいいから
同じ今を、違う僕らで生き合いたい。

「金魚」
昨年、chikako takakiさんの「うそつき。」という作品に出逢い、生まれた楽曲です。赤い金魚と黒い金魚、真っ赤な嘘と黒い本当。楽曲の中の嘘と本当を、探してみてください。

ニュース提供:ビクターエンタテインメント
このトピックをシェアする
  • LINEで送る