BLUE ENCOUNT

11月18日にニューアルバム『Q.E.D』リリース決定!

 熊本出身の超共感型ロックバンドBLUE ENCOUNT、通称ブルエン。住野よる原作による映画『青くて痛くて脆い』の主題歌に起用されている彼らの新曲「ユメミグサ」が先週9月2日にリリースされ、大きな注目を集めるなか、今度は彼らの4枚めとなるフル・アルバム『Q.E.D』が11月18日にリリースされることが発表された。
 
 彼らのメジャーデビュー記念日となる9月10日の0時からブルエンのYouTubeチャンネルでは<#ブルエンPM8>と名付けれた謎の映像がオンエアされ続けていたが、20時ジャストにニュースアルバムの告知に切り替わった。
 
 同時に公開となった新アーティスト写真の撮影の際の海岸でスーツ姿に見を包んだ映像とともに新作の発表が告知されている。
 
 4枚めとなるフル・アルバム『Q.E.D』は2018年にリリースされた3枚めのアルバム『VECTOR』以来、実に2年と8ヶ月ぶりとなる待望のニューアルバム。今回は完全生産限定盤、初回生産限定盤、通常盤の3形態のリリースとなり、収録詳細は後日発表となるらしいので続報を楽しみに待とう。
 
 さらに9月30日までにこの新作『Q.E.D』を予約すると、早期予約特典として<「Document of STAY HOPE」視聴カード>がプレゼントされる。この映像は2020年7月10日に行われたBLUE ENCOUNTによる初めての無観客配信ライブ「STAY HOPE」が行われるまでのドキュメンタリー映像。
 
 緊急事態宣言の発令後、開催予定だった全国ホールツアー「TOUR2020 blue bird」が全公演中止となった中、何を考えその日を迎えたのか? メンバーのみならず普段表には出ることのないスタッフのインタビューも盛り込んだ、当日までのドキュメンタリー映像となっており、ファンならずとも必見の内容になっている。是非、予約してこのレアな映像をチェックしよう!

ニュース提供:キューンミュージック
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
BLUE ENCOUNT 関連トピックス