阪本奨悟

新曲「太陽ランナー」がアニメ『あひるの空』新エンディング曲に!

 シンガーソングライターの阪本奨悟が、現在テレビ東京系列で放送中のTVアニメ『あひるの空』の7月1日から放送開始の新エンディングテーマを担当することが決まった。

 7月1日から放送の『あひるの空』では、廃部になってしまったバスケ部を再建するため奮闘し、部員達が一丸となってインターハイに挑戦する姿が描かれている。本楽曲は、常に前向きにバスケと向き合う車谷 空(くるまたに そら)をイメージして阪本奨悟自身が書き下ろしたもの。アニメとリンクする爽やかで疾走感のあるサウンドに注目してほしい。

 なお、新曲「太陽ランナー」のリリースについては現状未定となっている。新たな情報を見逃さないようにしよう。

<阪本奨悟 コメント>
夢や目標を追いかけることで、それと同時に届かない悔しさ、苦しさ、そして挫折の不安も後を追うように付いてくるんだと思います。だけど、そんな日々を闘いながらも夢中になれる心こそが、その人を輝かせる光なんだと僕は思います。原作を読ませて頂き、車谷空くんにそんな真っ直ぐな光を感じました。太陽のように己を燃やして、周りの人たちにも希望の光を与えられるような強い心をイメージしてこの新曲「太陽ランナー」を作りました。夢を追う人たちの心に射す光となることを願っています。

ニュース提供:A-Sketch
このトピックをシェアする
  • LINEで送る