Salyu

新曲「僕らの出会った場所」配信リリース&MV公開!

 Salyuが新曲「僕らの出会った場所」を配信リリースし、MVも同時に公開された。本楽曲は9月6日(金)全国公開の、横浜流星主演映画『いなくなれ、群青』の主題歌として、音楽プロデューサーの小林武史が書き下ろし、先月先がけて公開された映画のティザー映像内で初解禁され、リリースが待ち望まれていた楽曲だ。

 映画は、第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読書メーター」読みたい本ランキング第1位を獲得し、シリーズ累計100万部を突破した河野裕の青春ファンタジー小説「いなくなれ、群青」(新潮文庫nex)の実写化。

 原作は、謎だらけの階段島を舞台にした唯一無二の世界観と、心に深くくさびを打つような美しい文章で、広く熱く愛されている河野裕の小説「いなくなれ、群青」。そんな原作の空気感を大切に再現したのは、新鋭・柳明菜監督。
 
 「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な主人公の七草には、今最も観たいと熱望される存在となった横浜流星。彼の幼馴染で「真っ直ぐで、正しく、凛々しい」真辺由宇を体現するのは飯豊まりえ。そのほか、黒羽麻璃央、矢作穂香、松岡広大、松本妃代、中村里帆ら、数々の舞台、映画などで注目を集める若手俳優たちが集結。

 そして、本楽曲のMVも映画同様に柳明菜監督がディレクションを担当。楽曲に込められた思いを、映画の登場人物たちの心の機微と重ね、堀役(矢作穂香)の視点で描く。

 この楽曲で繰り返される「君に向かっていく」という歌詞のフレーズを、堀が七草(横浜流星)を思う気持ちと、七草と真辺(飯豊まりえ)のボーイミーツガール、そして自分が自分に向かっていくという3つの感情で叙情的に描いている。芝居とダンス、そこに光と化した本編映像を加えて表現されたアート作品のようなMVに仕上がった。

 また、本作のリリースに合わせてSalyuの新しいアーティスト写真も公開された。平野文子のアートディレクションにより、いまのSalyuを切り取ったクールで美しい彼女の魅力が詰まったアーティスト写真に仕上がっている。

 Salyuは9/1に大阪、10/1、10/2に東京にて開催される「ビルボードライブTOUR 2019」公演で、カルテット+ギターの弦楽五重奏という、初の編成でライブを行うことが決定。本楽曲をリリースし、デビュー15周年イヤーを更に精力的に活動していくSalyuから目が離せない。

ニュース提供:トイズファクトリー
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
Salyu 関連トピックス