山河のむこうに故郷が

この曲の表示回数 12,263
歌手:

芦屋雁之助


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

三木たかし


夕陽に追われ あの友と
白線帽子 投げながら
あすは桧か あすなろか
語った夢の 大きさよ
幾年月日が 流れても
山河のむこうに あの友が…

野菊の花を あの野辺で
ふたりで摘んだ 淡き恋
いつか都へ 旅立つと
話せば さみし浮雲よ
幾年月日が 流れても
山河のむこうに あの人が…

桜の花散る あの驛舎で
別れに泣いた 若き日よ
いまも瞼の うらがわで
手をふる母よ あの人よ
幾年月日が 流れても
山河のむこうに 故郷が…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:山河のむこうに故郷が 歌手:芦屋雁之助

芦屋雁之助の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-02-23
商品番号:TECE-30158
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP