花色衣

この曲の表示回数 2,234

かかる宿世 違えじとばかり
羽織るはぬくもり
胸のほむら 吹き消す風へと
打ち羽振き鶏よ

嗚呼 露を払い
よもすがら 幸わいを祈るは科か

ただ おくり告いで 賜るもの
なぜ 沁み入る思いは
咲きわたりて 果てた荒野さえ
寄り添ひて 花に染む心
消えやらずに 我が身と

種を残す 言の葉はいつも
願いを夢見る
帰る空を 覆う雲の向こう
数多の道すじ

嗚呼 幾度となく
生を受け 焼きついた印を背負い

まだ 定めの中 かさねの色
いま 暁に向かった
さぐり極め たどり着いた場所
故偲ぶ 纏われし衣
ふさわしきに 改む

嗚呼 相居るたび
芽生えたし あたたけき調にのせて

ただ おくり告いで 賜るもの
なぜ 沁み入る思いは
咲きわたりて 果てた荒野さえ
寄り添ひて 花に染む心
消えやらずに 我が身と
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花色衣 歌手:宗三左文字(泰勇気)/小夜左文字(村瀬歩)/江雪左文字(佐藤拓也)

宗三左文字(泰勇気)/小夜左文字(村瀬歩)…の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-02-14
商品番号:THCS-60188
東宝

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP