歌詞を

ヘルプ

永井龍雲55曲中 1-55曲を表示
2018年11月20日(火)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
暖簾五木ひろし永井龍雲永井龍雲心にポツンと寂しさの明かりが
女の酒場五木ひろし永井龍雲永井龍雲今にも降りそな空のよう
道標ない旅永井龍雲永井龍雲永井龍雲閉ざされた部屋の窓を
つまさき坂永井龍雲永井龍雲永井龍雲爪先上がりの坂道で偶然君と
愛し愛されてテレサ・テン永井龍雲永井龍雲あなたの胸の中で抱かれて
暖簾永井龍雲永井龍雲永井龍雲心にポツンと寂しさの明りが
うりずんの頃坂本冬美永井龍雲永井龍雲恋破れ夢破れ今宵もまた
桜桃忌~おもいみだれて~永井龍雲永井龍雲永井龍雲襟元に吹く風が心地よく肌に
想い永井龍雲永井龍雲永井龍雲どうしたならこの苦しみを
あまやどり石原詢子永井龍雲永井龍雲やりたいこともあるだろに
昭和名残り唄青戸健永井龍雲永井龍雲ふと湧き出づる哀しみは
お遍路永井龍雲永井龍雲永井龍雲鈴を打ちならし日翳を選んで
男と女の飲む酒は…角川博永井龍雲永井龍雲男が酒を飲む夜は世間の辛さが
ひと握りの幸福永井龍雲永井龍雲永井龍雲新しい靴を買って貰って
屋台永井龍雲永井龍雲永井龍雲愛想の足りないこの俺を
顧みて永井龍雲永井龍雲永井龍雲タバコ屋の赤い公衆電話から
愛し愛されて永井龍雲永井龍雲永井龍雲あなたの腕の中で抱かれて
飛鳥永井龍雲永井龍雲永井龍雲何処までも続く青空はない
捨て猫永井龍雲永井龍雲永井龍雲信じた男に捨てられて
想夫恋坂本冬美永井龍雲永井龍雲もしもお前が男だったら
夢見鳥島津亜矢永井龍雲永井龍雲ホームを流れて行くは終列車
約束愛キム・ランヒ永井龍雲永井龍雲孤独な街角で男と女
風の華加納ひろし永井龍雲永井龍雲海峡は荒くれる波カモメが
秋麗門倉有希永井龍雲永井龍雲落葉の舞う公園で一人ベンチに
うらら中澤裕子永井龍雲永井龍雲花のお寺に届くひと足早い
達磨(だるま)日高正人永井龍雲永井龍雲名前知れない花なれど
傷心キム・ランヒ永井龍雲永井龍雲愛していたとひとこと言って
灯ともし頃桜井くみ子永井龍雲永井龍雲寂しげに街が暮れ行く
夏の蝶大石円永井龍雲永井龍雲逢いたい人に逢えなくて
カトレア永井龍雲永井龍雲永井龍雲新聞受けの音で目が覚めて
六月の花嫁(June bride)にあこがれ中澤裕子永井龍雲永井龍雲夢の続きをまるで見ている
春告げ鳥山崎ともみ永井龍雲永井龍雲春告げ鳥が野山で鳴いて
蘇る夏永井龍雲永井龍雲永井龍雲夏空に響き渡る蝉の鳴き声が
献杯永井龍雲永井龍雲永井龍雲ひょっこりいつも現れた
すずらん通り門倉有希永井龍雲永井龍雲すずらん通りを通り抜け
メリー・クリスマス永井龍雲永井龍雲永井龍雲待ちわびて白い雪は今年も
恋はゆっくり時間をかけて永井龍雲永井龍雲永井龍雲恋はゆっくり時間をかけて
道標ない旅ケイタク永井龍雲永井龍雲閉ざされた部屋の窓を
親友への手紙永井龍雲永井龍雲永井龍雲俺とお前は無二の親友だから
暖簾川上大輔永井龍雲永井龍雲心にポツンと寂しさの明りが
美ら旅氷川きよし永井龍雲永井龍雲砕ける波と珊瑚グリーンの
島の女平浩二永井龍雲永井龍雲船が出る船が出る島が
ルリカケス永井龍雲永井龍雲永井龍雲波穏やかな瀬戸内の
葉桜Kenjiro永井龍雲永井龍雲貴方のためにと別れることに
当世酒場唄鳥羽一郎永井龍雲永井龍雲景気が悪くていけないね
罪酒叶竜也永井龍雲永井龍雲酒の飲み方さえ知らずに
めぐりあわせ永井龍雲永井龍雲永井龍雲今はもう色褪せた青春の日々
胡桃永井龍雲永井龍雲永井龍雲道で見つけた可憐な花の
夕映え空から永井龍雲永井龍雲永井龍雲どこの町にも架かってる
暖簾大月みやこ永井龍雲永井龍雲心にポツンと寂しさの明かりが
オイビト永井龍雲永井龍雲永井龍雲腹から笑えることなどは
愛はまだ輝きの中永井龍雲永井龍雲永井龍雲暗い影が知らぬ間に
約束愛広畑あつみ永井龍雲永井龍雲孤独な街角で 男と女
生きているのだから叶竜也永井龍雲永井龍雲いつもと同じような
クロスポイント永井龍雲永井龍雲永井龍雲真っ直ぐに行けば