歌詞を

ヘルプ

森繁久彌25曲中 1-25曲を表示
2019年3月18日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
石松道中唄森繁久彌吉川静夫松井八郎肩で飲み屋の暖簾を分けりゃ
オホーツクの舟唄(知床旅情)森繁久彌森繁久彌森繁久彌何地から吹きすさぶ朔北の
蛙の歌・河童の歌森繁久彌草野心平・火野葦平飯田信夫そよ風にスカンポの花
銀座の雀森繁久彌野上彰仁木他喜雄たとえどんな人間だって
元寇森繁久弥永井建子永井建子四百余州を拳る十万余騎の敵
荒城の月森繁久彌土井晩翠滝廉太郎いま荒城の夜半の月
ゴンドラの唄森繁久彌吉井勇中山晋平いのち短し恋せよ乙女
さすらいの唄森繁久彌北原白秋中山晋平行こか戻ろか北極光の下を
サラリーマン悲歌森繁久彌吉川静夫松井八郎一人手酌の屋台の酒に
島原地方の子守唄森繁久彌宮崎一章・妻城良夫宮崎一章おどんみゃ島原の
しれとこ旅情森繁久彌森繁久彌森繁久彌知床の岬にはまなすの咲く頃
人生賛歌森繁久彌森繁久弥山本直純どこかでほほえむ
人生はいいものさ森繁久彌山上路夫いずみたく何を悲しみ泣いてる人よ
水師営の会見森繁久弥佐々木信綱岡野貞一旅順開城約成りて
素敵なパパ森繁久彌・いしだあゆみ森繁久彌いずみたく素敵なパパマイディアパパ
船頭小唄森繁久彌野口雨情中山晋平おれは河原の枯れすすき
妻をめとらば(人を恋うる歌)森繁久彌与謝野鉄幹不詳妻をめとらば才たけて
とんかつの唄森繁久彌佐藤一郎松井八郎とんかつの油のにじむ接吻を
箱根の山森繁久彌鳥居忱滝廉太郎箱根の山は天下の険
陽は昇り又沈む森繁久彌・森繁劇団シエルドン・ハーニック、訳詞:若谷和子、滝弘太郎ジェリー・ボック陽は昇りまた沈み時うつる
僕は特急の機関士で(東海道の巻)三木鶏郎・丹下キヨ子・森繁久彌三木鶏郎三木鶏郎十番線から大阪ゆき
真白き富士の嶺森繁久彌三角錫子ガートン真白き富士の嶺緑の江の島
満州里小唄森繁久彌島田義文陸奥明シベリヤと満州との国境
森繁の人生賛歌森繁久彌森繁久彌山本直純何処かでほほえむ人もありゃ
勇敢なる水兵森繁久弥佐々木信綱奥好義煙も見えず雲もなく