歌詞を

ヘルプ

麻丘めぐみ42曲中 1-42曲を表示
2019年3月22日(金)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
芽ばえ麻丘めぐみ千家和也筒美京平もしもあの日のあなたに
わたしの彼は左きき麻丘めぐみ千家和也筒美京平小さく投げキッス
女の子なんだもん麻丘めぐみ千家和也筒美京平何もほしくはないわあの人が
アルプスの少女麻丘めぐみ千家和也筒美京平朝もやの牧場を吹く風に
やさしくしないで麻丘めぐみたきのえいじ堀内孝雄冗談ばかりを口にして
森を駈ける恋人たち麻丘めぐみ山上路夫筒美京平木立ちぬけて走るのよ森の中
悲しみのシーズン麻丘めぐみ千家和也筒美京平それがふたりにとって幸せと
ときめき麻丘めぐみ千家和也筒美京平大事にしてね大事にしてね
悲しみよこんにちは麻丘めぐみ千家和也筒美京平小さな幸せつかんだらつかんだら
白い部屋麻丘めぐみ千家和也筒美京平眠くなるまで何をしましょう
水色のページ麻丘めぐみ山上路夫浜圭介男のあなたには愛のひとつ
ねえ麻丘めぐみ喜多條忠川口真ねえどうしたの心決めてないの
美しく燃えながら麻丘めぐみさいとう大三馬飼野俊一あなたのひとことを私は待って
白い微笑麻丘めぐみさいとう大三馬飼野俊一白い季節が訪れる頃は
海辺の白い家麻丘めぐみ橋本淳筒美京平海辺にたってる白いお家には
「いちご白書」をもう一度麻丘めぐみ荒井由実荒井由実いつか君といった映画がまた
青いコーヒー・カップ麻丘めぐみさいとう大三馬飼野俊一青いコーヒーカップに涙が
恋のあやとり麻丘めぐみ岡田冨美子浜圭介ノーと首を振りながらも
銀世界麻丘めぐみ橋本淳都倉俊一自動車の灯りちらちら
原宿グラフィティ麻丘めぐみ喜多條忠川口真絵本のお店をのぞいてる
夏の終りに来た手紙麻丘めぐみさいとう大三馬飼野俊一夏の終りのあのお手紙は
雪の中の二人麻丘めぐみ千家和也馬飼野康二躰の温もりを奪いとる
素晴らしき16才麻丘めぐみ千家和也筒美京平離れたいのに離れられない
見果てぬ夢麻丘めぐみ千家和也筒美京平南に向かって星くずが流れる
夏八景麻丘めぐみ阿久悠筒美京平夏ですどなたもうきうき夏です
卒業麻丘めぐみ山川啓介井上忠夫卒業しますあなたの腕から
ひとりの私麻丘めぐみ千家和也筒美京平今頃あなたは何をしてる
夜霧の出来事麻丘めぐみ吉田健美響わたる街の灯が遠慮がちに点りだし
もしかしたら麻丘めぐみ千家和也筒美京平もしかしたら私はあなたに
そよ風のテラス麻丘めぐみ山上路夫高田弘あなたとすわるの街のテラス
ひまわりの花麻丘めぐみ千家和也筒美京平ひまわりの花はお陽様を向いて
砂に消えた涙麻丘めぐみA.Testa・日本語訳詞:漣健児P.Soffici青い月の光を浴びながら
恋にゆれて麻丘めぐみ橋本淳馬飼野康二誰もいない部屋で二人きりが
ウェディング・ドレス麻丘めぐみ千家和也筒美京平角のお店で見つけたわ
黄昏のテラス麻丘めぐみ阿久悠筒美京平黄昏のテラスむらさきの風が
ヘイ・ミスター麻丘めぐみ千家和也筒美京平ヘイヘイミスター私をどうぞ
映画のあとで麻丘めぐみ橋本淳都倉俊一彼と二人のデイトは小雨の
20才麻丘めぐみ山川啓介井上忠夫そうなの変わったのよあいつに
風邪をひいた彼麻丘めぐみ山上路夫浜圭介季節はずれの風邪をひいた
グッド・バイ麻丘めぐみ千家和也筒美京平今夜も電話こなければ
すみれの便箋麻丘めぐみ岡田冨美子浜圭介すみれの便箋に待ちますと言う
風暦麻丘めぐみ吉田健美杉本真人あなたの語りかけるような