歌詞を

ヘルプ

舟木一夫84曲中 1-84曲を表示
2018年11月15日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
高校三年生PLATINA LYLIC舟木一夫丘灯至夫遠藤実赤い夕日が校舎をそめて
絶唱舟木一夫西条八十市川昭介愛おしい山鳩は山こえて
銭形平次舟木一夫関沢新一安藤実親男だったら一つにかける
学園広場舟木一夫関沢新一遠藤実空にむかってあげた手に
修学旅行舟木一夫丘灯至夫遠藤実二度とかえらぬ思い出乗せて
あゝ青春の胸の血は舟木一夫西沢爽遠藤実あふれる若さあればこそ
高原のお嬢さん舟木一夫関沢新一松尾健司あの人に逢いたいたまらなく
哀愁の夜舟木一夫古野哲哉戸塚三博なんて素敵な夜だろう星は
初恋舟木一夫島崎藤村若松甲まだあげ初めし前髪の
仲間たち舟木一夫西沢爽遠藤実歌をうたっていたあいつ下駄を
夕笛舟木一夫西条八十船村徹ふるさとの蒼い月夜にながれ
君たちがいて僕がいた舟木一夫丘灯至夫遠藤実清らかな青春爽やかな青春
北国の街舟木一夫丘灯至夫山路進一名残りが燃える心が残る
花咲く乙女たち舟木一夫西条八十遠藤実カトレアのように派手なひと
あいつと私舟木一夫丘灯至夫船村徹愛しているといったら負けで
燃えよドラゴンズ! '99舟木一夫山本正之山本正之遠い夜空にこだまする竜の叫び
残雪舟木一夫高峰雄作戸塚三博雪国の雪国の恋ははかなく
さんざしの花舟木一夫中山大三郎中島薫北国の街に咲く花が好きと
水色のひと舟木一夫丘灯至夫遠藤実心のいたむ日淋しい日思い出す
明日咲くつぼみに舟木一夫永六輔久米大作想い出のふるさと
友よ舟木一夫秋元康杉本真人ああ友よ今も元気かい?
恋唄舟木一夫すずきじろう浜圭介おもいでつもるふるさとに
友を送る歌舟木一夫植田俤子戸塚三博きみは別れてゆく風の中
眠らない青春舟木一夫舟木一夫川崎浩史なつかしいこの街にただひとり
東京は恋をする舟木一夫丘灯至夫山路進一肩にやさしく手をおいて
くちなしのバラード舟木一夫万里村ゆき子万里村ゆき子ひそやかなためいき小さく
浮世まかせ舟木一夫上田成幸上田成幸花を枕の盃に紅のかおりの
北国の旅情舟木一夫西河克巳松尾健司君をたずねてやってきた
春はまた君を彩る舟木一夫松井五郎南こうせつ冷たい風の音に散るまいと咲く
サーカスの唄舟木一夫西條八十古賀政男旅のつばくろ淋しかないか
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
紫のひと舟木一夫丘灯至夫北原じゅん忍び逢う夜のふたりはむらさき
君へ心こめて舟木一夫上田成幸上田成幸木枯しの夜空を肩にささえて
ブルー・トランペット舟木一夫古野哲哉船村徹夜の中から流れてひびく
泣かないで舟木一夫たきのえいじ杉本真人ひとりふたつ恋をして涙の味を
北国にひとり舟木一夫水木京子水木京子北国を遠く訪ねて来たのに
サボテンの花舟木一夫財津和夫財津和夫ほんの小さな出来事に
愛の新雪舟木一夫石本美由起佐伯亮寒くないかといたわる声に
太陽にヤァ!舟木一夫関沢新一船村徹ウウウウオオオオエエエエア
センチメンタル・ボーイ舟木一夫河端茂山屋清夢をあげよう夢をあげよう
蜃気楼舟木一夫上田成幸上田成幸思いがけず夢にはぐれ
ROCK'N ROLLふるさと舟木一夫上田成幸上田成幸春の風ふわり蝶の羽ひらり
霧にむせぶ夜舟木一夫丹古晴己鈴木淳涙じゃないよと言いたいけれど
都井岬旅情舟木一夫黒木清次服部良一黒潮はたぎり流れて吹きわたる
風、好きに吹け ~迷夢本望~舟木一夫小椋佳小椋佳ありふれた明日葉の
花言葉の唄舟木一夫西條八十池田不二男可愛い蕾よきれいな夢よ
君よ 振りむくな舟木一夫上田成幸上田成幸立ちどまるな決して振りむくな
つばさ舟木一夫上田成幸上田成幸風のままに雲は流れる
青春の鐘舟木一夫丘灯至夫古関裕而水色の空鳴る鳴る鐘は
想い出カフェ・オ・レ舟木一夫上田成幸上田成幸ひと雨来ればさりげなく
星の広場へ集まれ!舟木一夫古野哲哉戸塚三博娘たちの髪に匂う花はバラよ
恋人形舟木一夫舟木一夫山路進一うす墨の空はつれない
男の純情舟木一夫佐藤惣之助古賀政男男いのちの純情は
End Love舟木一夫上田成幸上田成幸君の肌で熱いこころで俺は
白鳥(しらとり)舟木一夫横井弘竹岡信幸はてしなく雪の舞い散る
そばにいるから舟木一夫松井五郎南こうせつ茜の空にあの日のおぼろ雲
カスバの女舟木一夫大高ひさを久我山明涙じゃないのよ浮気な雨に
帰郷舟木一夫横井弘船村徹波の音がきこえる海に近い
東京流れもの舟木一夫永井ひろし不詳流れ流れて東京をそぞろ歩き
みんな旅人舟木一夫上田成幸上田成幸人と話すだけで疲れる
踊ろうぼくと舟木一夫大林郁恵・補作詞:吉野哲哉船村徹はずかしいなんていわないで
その人は昔舟木一夫松山善三船村徹その人は昔海の底の真珠だった
東京ブルース舟木一夫水木かおる藤原秀行泣いた女がバカなのか
旅姿三人男舟木一夫宮本旅人鈴木哲夫清水港の名物はお茶の香りと
少年いろの空舟木一夫井口愛田村博正その眼はむかし空だった
知りたくないの舟木一夫H.BARNES・訳詩:なかにし礼D.ROBERTSONあなたの過去など知りたくない
名月赤城山舟木一夫矢島寵児菊地博男ごころに男が惚れて
知床旅情舟木一夫森繁久彌森繁久彌しれとこの岬にはまなすの
心配だから来てみたけど舟木一夫松山善三万理村ゆき子あかりもつけないでなにを
流転舟木一夫藤田まさと阿部武雄男命をみすじの糸にかけて
別れのブルース舟木一夫藤浦洸服部良一窓を開ければ港が見える
夏子の季節舟木一夫丘灯至夫船村徹夏夏夏夏夏子夏夏夏夏夏子
ラヴ・イズ・オーヴァー舟木一夫伊藤薫伊藤薫Love is over 悲しいけれど
ジョニーの子守唄舟木一夫谷村新司堀内孝雄束の間の淋しさうずめるために
おまえとふたり舟木一夫たかたかし木村好夫わたしは不幸ぐせとれない女と
銀色の恋舟木一夫西条八十桜田せい一夜霧のしずくにふるえる髪が
心こめて愛する人へ舟木一夫松山善三船村徹こんこんこんこん君はいま
舟唄舟木一夫阿久悠浜圭介お酒はぬるめの燗がいい
新宿・みなと町舟木一夫麻生香太郎西谷翔新宿みなと町はぐれた者たちが
Good-bye Song舟木一夫上田成幸上田成幸誰のために歌は流れ
ジングル・ベル舟木一夫訳詞:丘灯至夫J.Pierpont美しくひびく鈴よこの鈴は
聖夜舟木一夫J.Mohr・訳詞:由木康F.Gruberきよしこのよる星はひかり
夜霧よ今夜も有難う舟木一夫浜口庫之助浜口庫之助しのび会う恋をつつむ夜霧よ
下町どこさ舟木一夫上田成幸上田成幸下町どこさオレんちのあたりさ
すきま風舟木一夫いではく遠藤実人を愛して人は心ひらき