歌詞を

ヘルプ

瀬川瑛子98曲中 1-98曲を表示
2018年11月15日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
命くれない瀬川瑛子吉岡治北原じゅん生まれる前から結ばれていた
長崎の夜はむらさき瀬川瑛子古木花江新井利昌雨にしめった賛美歌のうたが
わすれ宿瀬川瑛子中川大三郎船村徹これでいいねと宿帳に
笑いじわ瀬川瑛子阿木燿子宇崎竜童悲しい時にも笑う癖
憂き世川瀬川瑛子吉岡治北原じゅん昨日や今日の夫婦じゃないわ
命花瀬川瑛子福田恒原譲二こんど咲かせる花びらは
居酒屋 『藤乃』瀬川瑛子里村龍一中村典正お客さんお一人なんですか
口紅水仙瀬川瑛子仁井谷俊也徳久広司人恋う涙があることを
おしどり酒瀬川瑛子水木れいじ中村典正うき世しぐれに吹きよせられて
男嫌い瀬川瑛子田久保真見有賀十三曇りガラスに孤独という文字
桜雨~さくらあめ~瀬川瑛子仁井谷俊也徳久広司ひとひらふたひら舞い散る
母さんの手瀬川瑛子円香乃新井利昌おまえはほんとにいい子だと
春の海瀬川瑛子星野哲郎新井利昌鍋と茶碗を揃えただけで
函館の雨はリラ色瀬川瑛子星野哲郎新井利昌うれしいときも涙がでると
人生晴れたり曇ったり瀬川瑛子吉岡治弦哲也惚れて惚れてみんな程よく
いたわり坂瀬川瑛子仁井谷俊也徳久広司苦労くの字に寄り添って
泣きたい夜瀬川瑛子麻こよみ原譲二故郷からも見えるでしょうか
契り花瀬川瑛子新本創子新井利昌逢ったはじめに女房にきめた
むすめ上州鴉瀬川瑛子吉岡治岡千秋肩に重たい振り分け荷物
月夜舟瀬川瑛子水木れいじ中村典正神さまが逢わせてくれたこの人と
のこり月瀬川瑛子円香乃北原じゅん結ばれぬ命ならこの川に捨てて
あなたが命瀬川瑛子沢村友美也・原譲二原譲二浮雲みたいに流されながら
白い宿瀬川瑛子さいとう大三幸耕平一夜に二夜に降り積もる
連理の枝瀬川瑛子野村耕三新井利昌それが運命の糸とは知らず
小雪坂瀬川瑛子円香乃徳久広司離れて気がつく優しさが
GO!GO!侍ニッポン~私も輝きます~瀬川瑛子ペリー荻野小杉保夫ハイ愛しの土方様あなたは
人生つづら坂瀬川瑛子たきのえいじ弦哲也ひとつ越えてもその先に
ふたりが一番美川憲一・瀬川瑛子秋元康深大郷ひとりもいいけどひとりも
帰らぬ夢瀬川瑛子星野哲郎船村徹お手紙は女の名前で下さいと
ひろしま、そして雨ン中瀬川瑛子三宅立美船村徹男ごころを冷たく濡らす
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
かさね酒瀬川瑛子池田充男弦哲也徳利ならべて呑んでみる
花散里瀬川瑛子木下龍太郎蔦将包終わった恋の捨て場所を
八百八町瀬川瑛子秋元康後藤次利ちょいと兄さん聞いておくれよ
ふるさと景色瀬川瑛子原譲二原譲二ながれ雲ちぎれ雲あかね雲
命の絆瀬川瑛子原譲二原譲二苦労が幾重もかさなることで
嵯峨野路ひとり瀬川瑛子仁井谷俊也徳久広司つれて逃げてと言葉にだせず
海の城下町瀬川瑛子星野哲郎井上かつお窓の外には色とりどりの
まさかの女瀬川瑛子秋元康後藤次利北のはずれの小さな街で
長崎夢情瀬川瑛子新本創子彩木雅夫恋は女の命なの
北物語瀬川瑛子大津あきら浜圭介瞼に雪が積もります
みんないい女瀬川瑛子かず翼円広志誰だって泣きながら
花と嵐瀬川瑛子水木れいじ叶弦大花と嵐のうき世の河を
涙は女の化粧水瀬川瑛子新本創子幸耕平あれから二年の冬が過ぎます
とんぼり瀬川瑛子たきのえいじ叶弦大ここは浪花の道頓堀です
潮騒の町瀬川瑛子星野哲郎新井利昌燃える不知火お酒に浮かべ
昭和の女瀬川瑛子遠藤実遠藤実燃えるこの肌涙で冷まし
泪のワルツ瀬川瑛子水木れいじ中村典正ボトルに一輪むらさきの
おんなの忠臣蔵瀬川瑛子吉岡治船村徹離縁の理由もきかないで
東京はぐれ鳥瀬川瑛子小関理樹上野旬也ほんの束の間あんたを忘れ
あなたがいいの瀬川瑛子仁井谷俊也北原じゅんこころ通わす絆の糸は
愛の川瀬川瑛子原譲二原譲二あなたの為ならこの命
おしどり春秋瀬川瑛子たきのえいじ八木架壽人煤の付きようで年季が判る
雨、降りやまず瀬川瑛子たかたかし浜圭介あんた、疲れましたか
北の恋歌瀬川瑛子新條カオル安形和巳ダンチョネの流れる港町で
年々歳々瀬川瑛子さくらちさと中村典正あんなに大酒呑んでたひとが
もういくつ寝るとしあわせが瀬川瑛子・北川大介荒木とよひさ平尾昌晃しあわせは心の中に隠れて
夢仕度瀬川瑛子たきのえいじ北原じゅんあなたがいたからつまずかないで
地球最後の日瀬川瑛子・古谷一行なかにし礼小林亜星お前は理想の女さみだらで
夫婦つづり瀬川瑛子池田充男船村徹うらぎり浮気のばかをやり
しあわせ暦瀬川瑛子仁井谷俊也徳久広司この胸の根雪も溶けて
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
小樽化粧瀬川瑛子志賀大介山本あやおいのち煌々燃やしてみても
夫婦松瀬川瑛子里村龍一中村典正雪をかぶった松の木は
恋問川(こいといがわ)瀬川瑛子木下龍太郎原譲二ぬくもり消えた女の胸は重ね着
煌めきたいの瀬川瑛子ちあき哲也津村泰彦髪を切ればきっとすぐに
堀川運河瀬川瑛子山村廣義・補作詞中山大三郎中山大三郎港まつりの遠花火誰に思いを
おんなの絆瀬川瑛子沢村友美也原譲二いつでも一緒にいられたら
あっぱれ!みなさま瀬川瑛子ペリー荻野小杉保夫若様が街道をウォーキング
おんなの石北線瀬川瑛子池田充男弦哲也あなたは札幌へわたしは
涙の影法師瀬川瑛子宇山清太郎新井利昌すがりつく手をふり切って
懲りない私瀬川瑛子岡田冨美子平尾昌晃俺に惚れても泣くだけなんて
小犬の神様瀬川瑛子西沢爽船村徹冷たい雨に濡れながら
また逢えそうなブルース瀬川瑛子水木れいじ中村典正いやだやだやだもう恋なんか
旅の駅瀬川瑛子円香乃新井利昌おにいさんどこまで行くの
ぼちぼち行こうね瀬川瑛子・川野夏美・津吹みゆ原文彦・補作詞:志賀大介原譲二花が咲いたら嬉しいね
夢落葉瀬川瑛子里村龍一弦哲也寒いお酒が身に沁みる
ふたり川瀬川瑛子・大木凡人里村龍一大葉庸冬空夜空ではぐれて光る
思案橋恋灯り瀬川瑛子馬津川まさを中山治美夜に咲く花思案橋
一念草瀬川瑛子仁井谷俊也徳久広司ひとりで生きていた
TWINKLE LOVE瀬川瑛子新本創子小杉仁三煙草の青い煙り
世界で一番お似合いの瀬川瑛子・北川大介荒木とよひさ平尾昌晃可愛い人だね本当だよ
あなたのそばに瀬川瑛子麻こよみ原譲二笑顔がいいねとあなたに
私乃悲川瀬川瑛子白鳥園枝関野幾生この川のほとりに立てば
夢のように 日は過ぎて瀬川瑛子幸田りえ西つよし風が吹いて木漏れ日がこの肩を
これからですね瀬川瑛子さくらちさと中村典正ほんとにお疲れさまでした
思い出みれん瀬川瑛子さいとう大三幸耕平ばかと言われる幸せもある
酒場手毬うた瀬川瑛子みや秀和・補作詞:星野哲郎船村徹転がるたびに小さくなった
涙色瀬川瑛子円香乃徳久広司涙の色は甘く切ない
矢切りの渡し瀬川瑛子石本美由起船村徹つれて逃げてよついておいでよ
男と女の涙酒瀬川瑛子西沢爽叶弦大別れグラスに肩よせ合った
星は濡れている瀬川瑛子真木たつみ・補作詞:水沢圭吾新井利昌あなた一人が好きだった
恋は紫瀬川瑛子文れいじ北原じゅんこのままいたい帰りたくない
酒のこころ瀬川瑛子伊藤アキラ粟野圭一酒のうまさを教えてくれた
のぞみ(希望)瀬川瑛子船村徹船村徹ここからでたら母に会いたい
釧路の夜白い夜瀬川瑛子星野哲郎市川昭介船はまだかと幣舞橋に問えば
叱らないで瀬川瑛子星野哲郎小杉仁三あの娘がこんなになったのは
相生の雨新曲瀬川瑛子森坂とも徳久広司思えば苦労の雨降りつづき
あのひとの雪国瀬川瑛子星野哲郎新井利昌あのひとはどこにいるのか
忘れ傘瀬川瑛子吉岡治北原じゅんごめんネまたまた