歌詞を

ヘルプ

渡哲也48曲中 1-48曲を表示
2018年11月15日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
くちなしの花GOLD LYLIC渡哲也水木かおる遠藤実いまでは指輪もまわるほど
みちづれ渡哲也水木かおる遠藤実水にただよう浮草におなじ
水割り渡哲也水木かおる遠藤実いつもおまえは微笑った
東京流れ者渡哲也川内和子不詳何処で生きても流れ者
あじさいの雨渡哲也水木かおる遠藤実弱いからだにかさねた
ひとり渡哲也水木かおる遠藤実都会裏窓袋小路夢を消された
あいつ渡哲也水木かおる遠藤実この指泣いてかんだやつ
めぐり逢いしのび逢い渡哲也・多岐川裕美水木かおる遠藤実月日はお前を変えていた
逢いたいね渡哲也建石一杉本真人背中まるめて飲む酒に
日暮れ坂渡哲也水木かおる遠藤実何のためにやすらぎに
ありんこ渡哲也門谷憲二山崎稔咲くなら咲け散るなら散れ
わかれ道渡哲也・いしだあゆみ水木かおる杉本真人おなじ夢見ていたはずが
ほおずき渡哲也ちあき哲也杉本真人ほおずきほおずきまだ
純愛のブルース渡哲也星野哲郎叶弦大おれが死んだらしあわせな
ラストシーンは見たくない渡哲也・松坂慶子水木かおる・杉本真人杉本真人泣くのはよせよ責めるのはよせよ
風蕭蕭と渡哲也水木かおる杉本真人風蕭蕭と吹きわたり
花あかり渡哲也・牧村三枝子水木かおる浜圭介待たせるだけであの日から
鳳仙花渡哲也ちあき哲也杉本真人しかたないじゃないか
酒は男の子守唄渡哲也水木かおる遠藤実心に燃える火はあれど
わかれ花渡哲也水木かおる遠藤実誰かがささえてやらなけりゃ
逢坂川渡哲也水木かおる遠藤実汚れた女と目を伏せたけど
雨降り花渡哲也水木かおる杉山真人夢ものぞみもつまずくたびに
流氷の街渡哲也小椋佳小椋佳流氷の街の片隅で
雪わり草渡哲也塔山清遠藤実あてもないのに夕げの支度
おもいで螢渡哲也水木かおる遠藤実夢をともしにきたこの街は
男の流転渡哲也藤田五郎叶弦大指で数えて想っても過ぎた
無理をするなよ渡哲也水木かおる遠藤実無理をするなよ上着の裾に
旅路の雨渡哲也水木かおる遠藤実こんな晩にはさびしそうねと
風車渡哲也水木かおる遠藤実飲みすぎたわけではないが
友よ渡哲也水木かおる三木たかし時の流れの向うがわ
通り雨渡哲也水木かおる遠藤実洗いざらしの矢がすりの
北海峡渡哲也ちあき哲也杉本真人昨日あの街こえてきた
流浪渡哲也ちあき哲也曽根幸明親がいながら孤児にされて
さざんかの女渡哲也水木かおる遠藤実小さな花が寒かろと
彷徨人渡哲也水木かおる杉本真人アカシア花咲く街で
歌い残した歌渡哲也搭山清遠藤実つぼみのままで夢は枯れ
さすらいの挽歌渡哲也塔山清遠藤実しあわせうすい窓に灯りともし
風の舞う港から渡哲也小椋佳小椋佳何をこんな遠く逃げて
夕焼け渡哲也搭山清遠藤実やりきれないよな淋しさに
朝やけ渡哲也水木かおる遠藤実何かあったらこわれそうな
酔挽歌渡哲也荒木とよひさ三木たかし泣きたくなったら泣くだけ
青春ばんから渡哲也ちあき哲也杉本真人故郷さえ忘れたおまえと
笹舟渡哲也塔山清遠藤実朝の別れがない国へつれて
花あかり ソロバージョン渡哲也水木かおる浜圭介待たせるだけであの日から
男の別れ歌~わかれ花~渡哲也水木かおる遠藤実誰かがささえてやらなけりゃ
時は何も知らずに…渡哲也荒木とよひさ三木たかしこの世に人は生まれ堕ちて
霧笛が俺を呼んでいる渡哲也水木かおる藤原秀行霧の波止場に帰って来たが
粋な別れ渡哲也浜口庫之助浜口庫之助生命に終りがある