歌詞を

ヘルプ

千昌夫95曲中 1-95曲を表示
2018年11月15日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
北国の春GOLD LYLIC千昌夫いではく遠藤実白樺青空南風こぶし咲く
星影のワルツGOLD LYLIC千昌夫白鳥園枝遠藤実別れることはつらいけど
夕焼け雲GOLD LYLIC千昌夫横井弘一代のぼる夕焼け雲に誘われて別れの橋を
望郷酒場千昌夫里村龍一桜田誠一おやじみたいなヨー酒呑みなどに
津軽平野千昌夫吉幾三吉幾三津軽平野に雪降る頃はよ
味噌汁の詩千昌夫中山大三郎中山大三郎しばれるねぇ冬は寒いから
君がすべてさ千昌夫稲葉爽秋遠藤実これきり逢えない
あんた千昌夫吉幾三吉幾三コップ一杯飲む酒もなぜか
還暦祝い唄千昌夫神谷まみ神谷まみ早いもんだね六十年よ夢を
長持祝い唄千昌夫横内淳横内淳今日はめでたい金屏風
古希祝い千昌夫いではく千昌夫長生きしてりゃ喜寿米寿
アケミという名で十八で千昌夫西沢爽遠藤実波止場でひろった女の子
いっぽんの松千昌夫喜多條忠船村徹波がさらった七万本の
やいま(八重山)千昌夫宮城衛宮城衛海を見れば故郷思い出し
おふくろ千昌夫さいとう大三泉八汐子供の頃にはこわかった
おやじ先生千昌夫いではく遠藤実世の中どんなに変っても
還暦祝い唄(セリフ入り)千昌夫神谷まみ神谷まみ還暦おめでとうございます
乾杯しようぜ千昌夫いではく遠藤実乾杯しようぜ久しぶり
ふるさとの四季をうたう千昌夫遠藤実遠藤実春は菜の花が揺れていた
人生ふたり旅千昌夫いではく弦哲也子供育てて嫁にも出して
ふるさとの祭り千昌夫いではく遠藤実風に流れる白い雲見れば浮ぶさ
男の哀歌千昌夫いではく遠藤実故郷を出たときゃおれだって
わが町は緑なりき千昌夫阿久悠平尾昌晃ふるさとを出た時は初心だった
心の旅路千昌夫太田ゆきお吉田博久信じることを忘れた奴さ
めおとの旅千昌夫・阿部三登里いではく千昌夫惚れたあんたの背中をみつめ
望郷旅鴉千昌夫里村龍一森山慎也昔話しはヨー真ッ平ご免
与作千昌夫七沢公典七沢公典与作は木を切るヘイヘイホー
屋台千昌夫万城たかし高野かつみ前略おふくろ様根雪も溶けて桜の季節に
涙のワルツ千昌夫吉幾三阿部健太郎消えて行く町の夕陽に昔をたどり
夢追い人千昌夫荒木とよひさ杉本真人別れ人思い人夢追い人
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
青い月の恋千昌夫遠藤実遠藤実青い青い月の下で
懐かしの人千昌夫有馬三重子三木たかし噂に負けて別れたけれど
夢のしずく~俺だって君だって千昌夫星野哲郎叶弦大俺だって君だってここいらが実力さ
惚れてわるいか千昌夫さいとう大三阿部健太郎たかが女のひとりのために
俺の故郷千昌夫喜多條忠蔦将包俺の故郷はよオ来てみりゃ
北上川千昌夫白鳥園枝千昌夫たゆまぬ流れ岸の風
酒暦 ニューバージョン千昌夫坂口照幸佐藤壽一遠いむかしの故郷が見える
北のワルツ千昌夫たきのえいじあらい玉英空を仰げば見えてくる
若き日の歌千昌夫いではく遠藤実昨夜ラジオからなつかしい歌が
いつの世も…千昌夫森紀美子千昌夫ふるさと訪ね来てみれば
涙のとなり千昌夫沢みね登遠藤実楽しいことがあるように
あした天気になーれ千昌夫・八代亜紀もず唄平大谷明裕ポケットに賢治の詩集
上野に五時半千昌夫&コロッケSEONJUNIOR金田一郎人の情が 絵葉書になる
きんぴら千昌夫(セリフ:由利徹)木下龍太郎あらい玉英おふくろがよく言ってたっけ
君が好き千昌夫若山かほる遠藤実君だから君だから
わが家の宝千昌夫いではく千昌夫桜の花が咲く頃待って
流れ雲千昌夫横井弘一代のぼる夢の果てなく追いかけて
親友千昌夫いではく遠藤実卒業記念の写真見れば
さよなら三角また来て四角千昌夫喜多條忠徳久広司さよなら三角また来て四角
君ひとり千昌夫遠藤実遠藤実優しくやさしく肩をくみ
幸せぐらし千昌夫いではく千昌夫ひょんな出会いで
別れ町千昌夫西沢爽遠藤実愛しても愛しても愛し足りない
花のワルツ千昌夫白鳥園枝遠藤実愛されながらも花は散る
夢追い酒千昌夫星野栄一遠藤実悲しさまぎらすこの酒を
旅の居酒屋千昌夫山田孝雄桜田誠一一人かいお前さん内地の人だね
望郷哀歌千昌夫志賀大介千昌夫ふるさとはふるさとは
ほんとのアケミを知らないか千昌夫西沢爽遠藤実函館生れと聞いたから
なみだ川千昌夫なかにし礼遠藤実愛しながらも運命ゆえ
中年ブルース千昌夫いではく弦哲也学校帰りの畑から
くちなしの花千昌夫水木かおる遠藤実いまでは指わもまわるほど
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
望郷新相馬千昌夫菅野さほ子中山大三郎やけで飲むならおよしなさいと
わかれ千昌夫遠藤実遠藤実だめだめだめだめよ
他人船千昌夫遠藤実遠藤実別れてくれと云う前に
ついて来るかい千昌夫遠藤実遠藤実ついて来るかい何も聞かないで
銀座かぐや姫千昌夫若山かほる遠藤実かぐや姫かぐや姫どこにいる
すきま風千昌夫いではく遠藤実人を愛して人はこころひらき
みちづれ千昌夫水木かおる遠藤実水にただよう浮草に
山谷ブルース千昌夫岡林信康岡林信康今日の仕事はつらかった
あきらめの朝千昌夫井沢満・補作詞:平尾昌晃平尾昌晃厚い硝子の窓越しに
前略ふるさと様千昌夫吉幾三吉幾三面影訪ねてふるさとへ
君は心のふるさとよ千昌夫横井弘中山大三郎りんごをひとつ手渡して
遠い町へ行こう千昌夫荒木光子越純平遠い北国の町へ君と行こう
夢のかけら千昌夫曽野かおり柳田六合雄逢えばうれしいものだけど
ふるさとの女千昌夫北川圭子北川圭子君を想うとこみあげる
ギターよふるさとへ帰ろう千昌夫遠藤実遠藤実あゝふるさとへあゝ帰ろう
三拝云~ありがとう千昌夫宮城衛宮城衛そよそよとふく風の様な
帰ってきたヨ千昌夫アベ・イチロー杉原里史夢をナー夢を持ちかえ
雪ん娘峠千昌夫喜多條忠徳久広司私雪ん娘雪ん娘だから
焼けぼっくいに火がついた千昌夫西沢爽遠藤実おれが故郷を捨てたとき
旅鴉千昌夫藤田まさと遠藤実百里千里を歩いても
或る女の挽歌千昌夫里村龍一阿部健太郎想い出を訪ねたら涙に濡れた
あんたのバラード千昌夫世良公則世良公則あんたにあげた愛の日々を
海峡の見える町千昌夫阿久悠平尾昌晃海鳴りがきこえてるこのホテル
夢のあと千昌夫有馬三恵子三木たかし帰るその日をいつまでも待つと
君の想い出千昌夫中山大三郎阿部健太郎一つ二つと過去をかぞえて
ゆうべの女によろしくな千昌夫西沢爽遠藤実女が寝返り打ったとき
帰り花千昌夫なかにし礼遠藤実何処にも行き場のないままに
めざしのコンチェルト千昌夫中山大三郎中山大三郎銀座で三軒赤坂で一軒
おんな歌千昌夫西沢爽遠藤実別れなければいけないと
若い恋人たち千昌夫山口あかり遠藤実イカスぜあの娘可愛いくて
港と女と子守唄千昌夫西沢爽遠藤実捨てた女を誰かゞひろう
嘆きのボス千昌夫なかにし礼遠藤実惚れていりゃこそ
夢つなぎ千昌夫いではく千昌夫うしろふり向きゃ何もない
わかる…?千昌夫いではく阿部健太郎北へ旅する男には胸に涙が
モトマチぶるうす千昌夫福本義人平尾昌晃一つの傘でオランダ坂を