「そばにいて」

非通知のコールに何故か心が揺さぶられる
もしかしたら ふと思い立って 受話器を取ったんじゃないの?
君に愛されてることを いつも自信にしてた
だから僕はどんな冒険もきっとやってこられた

他に好きな人ができたわけでもなく
決めたさよならは いちばん元には戻らない

ねえ 君がいてくれなくちゃ
春も春なんかじゃなく 夜も夜じゃなくなる
いつも何かが足りないよ
「そばにいて」その一言を君に口に出せるほど
僕が強くなかっただけ、僕が強くなれなかった、それだけ

淋しい夜はTVもつけたまま眠るほど
臆病な君にひとりになることを選ばせたのは僕だね
いつも気づかないふりしてくれてたの
電話口で言う嘘も
本当は傷ついていても

ねえ 僕が戻りたいのは
会った頃のときめきより 同じ部屋にふたりがいた
あの何気ない毎日
「そばにいて」その一言を君に口に出せるほど
僕が強くなかっただけ、僕が強くなれなかった、それだけ