Honey

些細な 言葉で 傷つけあう僕らを
神様がいたら きっと 笑ってるだろう
どれだけ 時間を ともに過ごして行けるのかな
変わらずに ずっといれたらいいのになぁ

名前も知らなかった ボクらが
あたり前のように 手を繋いでる

ハニー 出会えただけ 運命はこれから
奇跡に似た 偶然を
ハニー 目を 閉じれば かかる魔法がある
ただ 素直に 抱きしめあう あなたと

今まで自分を守ることだけ考えて
誰かをいつも傷つけていた

やさしい嘘をついてもいい
あなたのために 愛を込めて

ハニー 「愛してる」の響きが変わってく
ふたりだけの輝きを
ハニー 何処まででも 飛べる気がするのさ
高い壁のその向こうへ あなたと

時が流れ 歳を重ね いつか記憶が消えて
あなたが僕を忘れても いつでもそばにいるから

ハニー 出会えただけ 運命はこれから
さぁ 走り出そう

ハニー 出会えただけ 運命はこれから
奇跡に似た 偶然を
ハニー 何処まででも 飛べる気がするのさ
高い壁のその向こうへ あなたと