聖橋で

あなたは売れない小説を
ためいきついて 書いている
見果てぬ夢と知りながら
わたしは横についている

大きな愛だと信じても
ついうなだれてしまいそう
貧しいことは 平気でも
このままここに いられない

だから わたしは鬼になる
あなたを捨てて よそへ行く
二年二ヶ月二日目に
ここで逢いましょう 聖橋で

あなたと暮らした 四畳半
きれいに掃除したあとに
涙のしみた手紙書き
机の上に置いておく

小説書くのもいいけれど
あんたは少し 甘ったれ
自分で生きる気になって
こういうわたし 見返して

そうよ わたしは鬼になる
泣き泣き恐い顔をする
二年二ヶ月二日目に
ここで逢いましょう 聖橋で

そうよ わたしは鬼になる
あなたを捨てて よそへ行く
二年二ヶ月二日目に
ここで逢いましょう 聖橋で