スピカ

ふたつある星を ひとつの名前で呼ぶって
たしか君から聞いたな
夜を拒むように たくさんの灯り
いろんな色 飾る東京

夜空探した
あれ、どれだったっけな?
何もかも全部 君に向かうから

ほら 星の光で
離れてしまった手と手が繋がるなら
覚えた星の名前が
届かなくなった未来を示すのなら
ずっと となり同士
ふたりぼっち 白いスピカ

割りきれない恋 分数で解いた
答えは誰かと同じでいい
月見坂上り 宇宙で道草
唄うよ 猫の鳴き真似で

夜が明けるまで
あと、どれくらいだろう?
嘘にならないで、消えていかないで

まだ 星の光が
忘れそうになった想いを繋げるなら
覚えた星の名前が
隠れてしまった未来を照らすのなら
きっと となり同士 ふたりぼっち 白いスピカ

ほら 星の光で
離れてしまった手と手が繋がるなら
覚えた星の名前が
届かなくなった未来を示すのなら
このまま 星の光が
忘れそうになった想いを繋げるなら
覚えた星の名前が
隠れてしまった未来を照らすのなら
ずっと となり同士 ふたりぼっち 白いスピカ

やさしい、やさしい、
声が聴こえた。
悲しい、悲しい、涙堕ちた。
恋しい、恋しい、心には
もう、会えないな。
もう、会いたいな―――。

ここから見えるのは とても遠い僕ら
過去にも未来にも見えた