女の階級

君に捧げた 純情の
愛が女の 生命なら
弱い涙は 今日かぎり
すてて荊刺の 径を行く

こころ砕けど ままならぬ
辛い浮世の 小夜嵐
愛の船路を 祈るごと
星もまたたく この夕べ

想い乱れて 咲く花は
女ごころか 月草よ
なみだ誘うな 秋風に
散るは彼の日の 夢ばかり

君を信濃の 高原に
涙かくして 見送れば
なびくけむりも 一すじに
燃えて火を噴く 浅間山