私をたどる物語

頬をぶたれた少年がひとり
日暮れの道で泣いている
父が憎いと声とがらせて
涙でゆがんだ 空見てる

遠い未来が不安でならず
呼ばれて返事しなかった
だけどやっぱりきみが悪いよ
自分を隠しているからさ

さあ鉛筆しっかり握りしめ
私という字を書くのです
白いノートの私にだけは
夢を話してゆくのです
君しか書けないその物語
私という名の物語

髪を切られた少女がひとり
鏡の前で 泣いている
母が嫌いと声をつまらせ
自分を悔しくにらんでる

ちがう親から生まれていたら
ちがう自分になれたという
だけどやっぱりきみはちがうよ
そしたらきみはいなくなる

さあ鉛筆しっかり握りしめ
私という字を書くのです
白いノートの私とだけは
ずっと仲よくするのです
君がたどってゆく物語
私という名の物語