Meteor -ミーティア-

触れてても 冷たい指先
凍り付いた 月に照らされて

ひび割れた心が
燃え尽きる夜を抱くけど

一瞬の彼方で 煌めいた想いが
愛なら 幻にしてみせて

放つ光 空に堕ちる
望むだけの 熱を捧げて

死に逝く星の 生んだ炎が
最期の夢に 灼かれているよ

降り積もる 罪は優しさに
刺は微笑に 変えてゆけるなら

散る間際の花の
届かない叫びにも似た

祈りの儚さが 求める切なさが
二人の 出逢った時代(とき)を揺らす

嘆き 光 波にのまれ
痛みの中 君は目醒めて

傷つけながら 出来る絆が
孤独を今 描き始める

注ぐ生命(いのち) 刻む羽根で
君よどうか 僕を包んで

光はまた 空に堕ちる
望むだけの 熱を捧げて

崩れ落ちゆく 過ちの果て
最期の夢を 見続けてるよ