ゆにふぉーむ

今朝も走ってきた
グラウンドの景色を
アルバム越しに見た途端
いつもより自分の
歩幅が少し大きく感じた

偉そうなことも言ったよ
今でも納得しちゃいないけど
今日は謝れそうな気がするよ
「ごめん」じゃなく
「ありがとう」って

泣いたりはしない
この場所で僕達は
強くなれたんだから

形は変われど
これからもユニフォームを身に纏って
泥だらけになって帰ってくることは
減っちゃうかもしれないけどさ

あの日褒めてくれた
カッコいい僕を
また見せてやるからさ
今日は胸を張って出て行く
僕達を見ていて...

何度繰り返しても
飽きないと言い切れる
ぶつかった事も
初めて分かり合えた日も
同じように

泣いてなんかない
この場所はいつだって
1人じゃないんだからさ

この先の未来が
どうなるかなんて
分かりゃしないんだけどさ
僕達がここにいたという事だけは
変わらない

チャイムが鳴って
誰がいちばんか
忙しない下駄箱

僕達の汗が滲んだ
自慢のグラウンド

今日だって変わらず
お前はふざけてる
全部噛み締めてくから
僕達は大丈夫

形は変われど
新しいユニフォームを身に纏って
勇んで出ていくよ
あの日の朝と
同じように