Deep down

命の悲鳴 途絶え闇へ
とけたら 言の葉を散らした
深い 深い 微睡(まどろみ)へ 眠れるよう
赤い指でその目を閉じ

畏れるように 血に溺れる戒律のように
傷口に降る雨のように 痛み刻みつけて
彷徨う群れの中で 行き着く場所に気づけないまま
また一つ欠けた

わからない 解りたい 拾うことなくまた捨てゆく涙
届かない 聞こえない 縋り付く声呼び覚ます戯れ言
失くした物を忘れた 隙間に棲みついている影
いつからそこに居て 笑ってた
I feel you deep deep deep deep down

刹那の氷雨(ひさめ) 打たれ目醒め
ざわめく 告毎(つげごと)を散らした
淡い 淡い 幻を 振り切れば
偽りが輪郭を浮かべ

平伏すように 胸に穿つ楔のように
息を止め抗うほどに 記憶を引き裂いて
擦り切れる希望を 褪せた世界に焼き付けたまま
ただ繋ぎ止めた

離れない 離したい 癒えることなく 纏わりつく兆し
戻れない 響かない すり抜けた声 かき鳴らした鼓動
願った物を手にした 甘美と喪失に飲まれ
どれほど長い時を 辿ってた
I call you deep deep deep deep down