あいのちから

これは白い雪が降っていた日の 僕たちの物語だ

雪の上を通り過ぎた時間
悲しみが溢れ
堪えてたみたいだね

僕もそうだよ
同じだったよ
あなたの 寂しそうな
声がしたら 手を伸ばすよ

寒い冬が過ぎたら
僕らは知るのでしょう
凍えながらも 咲く心の温もりで
僕らは 強くなる
積もる 積もる 積もる心を集めて
あいのちから

言葉は刃のように
また時には僕らを 救ってくれる

悲しい声 聴こえたら
すぐ手を差し伸べる
あたたかい僕らになってみよう

寒い冬が過ぎたら
僕らは知るのでしょう
凍えながらも 咲く心の温もりで
僕らは 強くなる
積もる 積もる 積もる心を集めて
あいのちから

踏み出すのがこわい世界だけれど 大丈夫だから
今 手と手を繋ごう
慰めあえば また明日の太陽に会える

また季節がめぐって
僕らは知るのでしょう
春風の中 咲く心の温もりで
僕らは 強くなる
積もる 積もる 積もる心を集めて
あいのちから