BOY

その涙が汗が滲んだ
誰とも違う美しさで
笑っておくれよ
息を切らした君は
誰より素敵さ

気の抜けた炭酸みたいに
微かに気怠い日々に溶けた
家鴨の侭で翼を広げて
空を舞う白鳥の夢をみる

彷徨うくらいなら
一層味わい尽くしましょ
近道ばかりじゃ
味気がないでしょ

道草を食って
泥濘み飲んで
でも辿り着けなくて
また何度だって
夕暮れを追いかけるの

走れ遥か先へ
汚れた靴と足跡は
確かに未来へと
今駆けてゆく
息を切らした君は
誰より素敵さ

物語の始まりはいつも
静寂を切り裂き突然に
胸の中ざわめく焔に
照れて忘れて大人になる

形振り構わず
今日は御仕舞いにしましょ
日溜りの様な
夢を見れますように

固唾を呑んで
恥を忍んで
まだ諦めきれなくて
また何度だって
明日を追いかけるの

声を枯らすまで
泣いていたんだよ
叶わないと判って尚
抗っておくれよ
剥き出しで咲く君は
誰より素敵さ

今日も
その涙が汗が滲んだ
誰とも違う美しさで
笑っておくれよ
息を切らした君は
誰より素敵さ

走れ遥か先へ
汚れた靴と足跡は
確かに未来へと
今駆けてゆく
息を切らした君は
誰より素敵さ