うたをうたお

ごまかして満たされてみたけど
意味はない 自分(ぼく)はいない
探すふりしてはぐらかせば
何もない 何もないもんだ

あの日 目から
ウロコが届いたのに
ワクワクしない 魂もない
洒落臭い予想図(え)描いてないで
飛び出す

感じたまんまを wow
風をたより 花をそえて
心の奥の奥のト音記号 希望のうたを
僕だけのうたを

黄昏を身にまとい 何かに怯えてる
群像劇が街を動かしてく
行き場所をなくしてた通り雨がココで
ワーワー泣いて泣いて
すぐに止みそうにないね
はみ出す

信じたまんまを wow
傘もささず 上を向いて
心の奥の奥の遠くの苦悩のうたを
僕だけのうたを

限りあるこの命を震わせてくれ
躍らせてくれ

ありのまんま 愛や憂いや痛みを
叫んでは向き合って 叫んでは蹴飛ばしてさ
心の奥の奥のほう 苦悩 希望のうたを

僕だけのうたを
僕のうたをうたお