Love Song

鏡に映る顔 見つめては
気付かない、ない、振りをして目をそらした

知らない間に身についた強がりや
追い出せない、ない、臆病が胸をふさぐ

ああ、どこかで 落としてきたはずなのに
確かに今 ここにあって
胸の奥 うるさいくらい
ぶつかり合っては浮かび上がっていく

あなたと出逢い かけがえない 時間を重ねてく
いつの日か 忘れていた 人を好きになる気持ち
苦しくて 切なくて でも温かくて
どんな景色もまぶしいほど 綺麗なんだ

何してるかなって 考えている
他愛もない、ない、会話なんかを思い出す

あなたの笑顔が 浮かんでくる度
抑えきれない、ない、胸の音が響いている

一人でいたら 気付けなかった
誰かを想うことで強くなれること

いつの間にか 映してた その後ろ姿
正直になれないまま 膨らんでいく
苦しくて 切なくて でも温かくて
私の中にあなたがいることに 気付いたんだ

躓きながらも選んできた道
どれか一つでも違ったなら
あなたに会うことはなかったの
そう思えば悪くないね

街の色も 雨の日も こんなに輝くのは
あなたを想う この心を
ぎゅっと抱きしめているから

あなたと出逢い かけがえない 時間を重ねてく
見つけたもの 繋ぎ合わせ 紡いでいく幸せも
手を取り合い 笑い合い 過ごす日々の喜びも
ずっとそばで 感じていたい

好きなんだ