虹の橋のたもとから

パチって目覚めたら
虹がかかってた
あれ 僕は生きてるの?
伸びをして君を探した

震える君の声
聴こえた気がして
もしかして泣いてるの?
駆けまわり君を探した

耳の付け根 撫でた君の手 嬉しすぎて
尻尾ゆらした日々 Ahwoooooo

虹の橋のたもとに寝転んで
会えない君を夢見る
“ヨーシ”って言うまで ここで待ってるから
“マテ”って あの声をかけて

太陽がのぼり
沈んで またのぼり
くり返し くり返し
トボトボと君を探した

ひょっこりゴメンと言いながら 帰って来てよ
僕 怒らないから Ahwoooooo

風の音にピンと耳すませて
“タダイマ”の声音を探す
ひとりぼっちを紛らわせるように
グルグル 尻尾を追いかけた

虹の橋のたもとのあちこちを
かいでも 君の匂い 見つからなかった
だけど僕は覚えてるんだ 全部
君との幸せな日々

虹の橋のたもとに寝転んで
会えない君を夢見る
“ヨーシ”って言うまで ここで待ってるから
“マテ”って あの声をかけて