アヤメ

見違えるほどに空はあんなにブルーなのに
はいでもいいえでもないグレーな気持ち
ねぇ大丈夫?ってあなたに言わせちゃいけないよね
愛想笑いの日々に何を贈ろう

そばにいてほしい
そんな言葉でよかった

失ったものだけが積み木みたいに重なって
崩れないようにすることで精一杯だ
それでもしわくちゃになった思い出たちの愛しさが
この胸の奥を途方もなく照らすから
今、会えなくても 育んで行ける
あなたがいるから 僕はもう迷わないんだ

あなたの涙の意味を わかったつもりでいたよ
寄り添いあっていたってさ まだ足りない

あれはアヤメ色
あの日教わった色

大切なものなんてほんとはあんまりなかった
あなたが少し微笑むくらいでいいんだ
人より上手に生きられない自分を見つめながら
誰にも真似できない明日を探してる
忘れたいことなど一つとしてない
あなたが残した この痛み抱いて歩いて行く

変わらないものがあるんだよ
見えているものが全てなんかじゃないんだ
なんだか今日バラエティを見て笑えたよ
些細な幸せが愛しくて

失ったものだけが積み木みたいに重なって
崩れないようにすることで精一杯だ
それでもしわくちゃになった思い出たちの愛しさは
ふるえる僕の心つかんで離さない
僕らは行くんだ 風に吹かれても
途切れやしないよ 何度でも生まれ変わって行く