本当は気付いていたの あなたが私にくれる笑顔も
メールの数も いつからか 歩く速さも変わってきたこと

あなたが優しい嘘をつくたびに
心が痛くて苦しくて どこにも行けなくて

私を好きじゃない あなたでもいいから
もう会えないよ なんて言わないでね
誰かとキスをした あなたでもいいから
今日が終わる前に 私を抱きしめていて

出逢った頃の2人は 何でも許せると信じていたよね
傷つくだけと分かっても なんでこんなに好きなんだろう

泣くのも 寂しさも 不安も 我慢した
だけどもうこれ以上 自分には嘘をつけなくて

あなたを好きじゃない 私になれるなら
サヨナラの言葉も怖くないのに
もう一度キスをして 私のこの胸で
全部嘘だよと そっと微笑んでいて

真実は ときに残酷で 私はそんなに強くないから
あなたを失うなんて嫌だよ 嫌だよ

私を好きじゃない あなたでもいいから
もう会えないよ なんて言わないでね
誰かとキスをした あなたでもいいから
今日が終わる前に 私を抱きしめていて