並んだビルの窓に映る
生まれた街にはなかった光
君が好きだったあの星は見えない
この街で夢を見てる

明るすぎる夜に照らされて
半端な自分が浮かび上がる

何度も見上げて 描いた夢は
この街ではいつも滲んでいて
一人枯れるほど泣いては
また君に会いたくなるんだよ

東京の眩しさが煌めいて
僕は放てないままで
見つかるかな 出会えるかな
消えることない光に
この街で

住所欄も書き慣れない
新しい自分の居場所に
振り落とされないように
ただ掴めない今日にしがみつくだけ

うまくいってるよって
受話器越しに嘘をつく
109見下されながら

振り向けばあの街が優しくて
置き去りにした思い出は輝いて
それでもその光じゃ照らせない
未来がきっとこの街に
まだ

踏まれた憧れが汚れても
時々寂しさがこぼれても
ここでまだ探し続けているよ
君を照らせる光を いつか

何度も見上げて 描いた夢は
この街ではいつも滲んでいて
一人枯れるほど泣いては
また君に会いたくなるんだよ

東京の眩しさが煌めいて
僕は放てないままで
見つかるかな 出会えるかな
消えることない光に

この街で
僕の中で